その他のメリット

交通事故トラブルが、裁判にまでいたる場合の大半は、過失割合を改める、または、慰謝料を増やすよう被害者が、加害者の側に立っている保険会社を相手に、訴えるときです。示談で示された金額と比較すると、裁判所が判断した賠償額が、3倍を超えることも少なくありません。示談金ではどうしても納得がいかない場合、裁判に持ち込むのも1つではあります。

ただこのサイトの趣旨が、示談金を受け取るまでの詳細についてを解説することですので、以降は交通事故問題を弁護士に依頼する、トップページで書きましたメリット、2点以外について解説します。もっとも気になるのは、弁護士を依頼することで、弁護士費用によって、手に入る金額の総額が、小さくなってしまうことではないでしょうか。これについては、安心していただいても大丈夫です。保険会社が示してくる金額は、かなり低いものであることが通常です。とりわけ、後遺症が残ってしまうような交通事故の場合は、弁護士が取ってくる金額は、弁護士費用を差し引いても、余裕の金額であることを、考えておいて問題ありません。法律的な知識を十分に兼ね備えた弁護士は、判例も持ち出し法律的知識が十分でない私たちに代わって、示談交渉を有利に進めてくれます。