弁護士に交通事故解決

交通事故の被害者となってしまったときに初めて、それから先どうすべきかを考えるのは、パニック状態であることからも非常に困難です。あらかじめ対策を考えておくのが、有利に事を進める上で重要です。

まずその解決を、自分だけで行うのか、弁護士に頼るのかです。これについては圧倒的に、後者の弁護士に依頼することをお勧めします。多くの理由がありますが、ここでは分かりやすく代表的なもの、2つを挙げておきます。自分ですべて行おうとすると、証拠を集め、損害額を計算し、加害者・保険会社との示談交渉、さらには訴訟となると、とてつもない時間と労力が求められます。お仕事もあるでしょうから、これらをきっちりとこなせる自信がある人が、どの程度いらっしゃるのか、はなはだ疑問です。弁護士に任せてしまえば、これらの煩わしい作業はすべてやってくれます。2点目は取れる慰謝料の大きさです。慰謝料には自賠責基準と、より高い金額の弁護士基準があり、弁護士ならこの弁護士基準に近づけてくれます。ほかにも弁護士に依頼する利点はありますが、それは後述するとして、とりあえず自分でやろうとはせず、弁護士に頼むと決めておいて下さい。

これまでに交通事故被害者となり、弁護士に頼ることを渋っていたため、のちのち「もっと早期に、弁護士に任せておけばよかった。」と後悔されている人がたくさんいます。以下で示談までの流れを説明しますが、序盤から順序が狂うと、望ましい結果が得られなくなってしまいます。