流れの前半

とは言っても、交通事故の被害者となってしまったら、まず警察に連絡するのが常識です。また負傷してしまったときには、救急車も呼ぶ必要があります。連絡しても警察が来るまでには、多少の時間ありますから、その間に加害者に免許証を見せてもらい、身元の確認を行うようにしましょう。目撃者がいるようなら、その連絡先を確認した方がいいです。

トップページでお勧めした弁護士への相談は、病院の治療が始められたくらいがベストです。これよりあとで示談交渉を保険会社との間ですることとなりますが、その示談交渉が始められてからしばらくしてしまうと、とんでもないことになることがしばしばです。最初から弁護士に任せると、決めておいて下さいと申し上げているのは、このタイミングを逃さないためです。

保険会社によっては、完全にけがが治りきる前に、治療費をストップしてくるところがあります。治療を継続しても、大きな回復が期待できない段階を、“症状固定”と言います。大きな回復期待がかなわないのなら、治療費はそこでストップさせ、残った症状を後遺障害ということで、損害賠償による解決とした方が、早く終結に向かわせることができるという考え方から、1部の保険会社は治療費を止めてくるのです。