その他のメリット

交通事故トラブルが、裁判にまでいたる場合の大半は、過失割合を改める、または、慰謝料を増やすよう被害者が、加害者の側に立っている保険会社を相手に、訴えるときです。示談で示された金額と比較すると、裁判所が判断した賠償額が、3倍を超えることも少なくありません。示談金ではどうしても納得がいかない場合、裁判に持ち込むのも1つではあります。

ただこのサイトの趣旨が、示談金を受け取るまでの詳細についてを解説することですので、以降は交通事故問題を弁護士に依頼する、トップページで書きましたメリット、2点以外について解説します。もっとも気になるのは、弁護士を依頼することで、弁護士費用によって、手に入る金額の総額が、小さくなってしまうことではないでしょうか。これについては、安心していただいても大丈夫です。保険会社が示してくる金額は、かなり低いものであることが通常です。とりわけ、後遺症が残ってしまうような交通事故の場合は、弁護士が取ってくる金額は、弁護士費用を差し引いても、余裕の金額であることを、考えておいて問題ありません。法律的な知識を十分に兼ね備えた弁護士は、判例も持ち出し法律的知識が十分でない私たちに代わって、示談交渉を有利に進めてくれます。

流れの後半

症状固定は医者が決めるものですが、それが行われていないにもかかわらず、示談交渉を開始する保険会社が、なきにしもあらずです。また症状固定をするよう、持ちかけてくる保険会社も1部あります。その話に安易に乗ってしまうと、本当なら得られるべき補償が、得られないことが、往々にしてあります。前ページで指摘させていただいたように治療が始められたくらいから、無料相談などを利用して、よさそうな弁護士の当たりは付けてらっしゃるでしょうから、これくらいの時期を見計らって、その弁護士と本格的な相談を始めて下さい。

そして示談交渉のスタートから、弁護士に間に入ってもらいましょう。示談交渉になれた保険会社が示す補償金額が、不当に低く設定されているかどうかなど、一般の私たちでは、簡単に判断できるものではありません。いったん示談が成立してしまうと、その内容は変更できないのです。弁護士を信用して、任せた方が無難です。

示談が成立すると、示談書どおりに示談金が、加害者から支払われます。交通事故は大抵のケースで、示談が成立するものですが、そうならないこともたまにあります。裁判に発展となり、そんなときにも弁護士に、依頼しておいて良かったと、痛感することだと思います。

流れの前半

とは言っても、交通事故の被害者となってしまったら、まず警察に連絡するのが常識です。また負傷してしまったときには、救急車も呼ぶ必要があります。連絡しても警察が来るまでには、多少の時間ありますから、その間に加害者に免許証を見せてもらい、身元の確認を行うようにしましょう。目撃者がいるようなら、その連絡先を確認した方がいいです。

トップページでお勧めした弁護士への相談は、病院の治療が始められたくらいがベストです。これよりあとで示談交渉を保険会社との間ですることとなりますが、その示談交渉が始められてからしばらくしてしまうと、とんでもないことになることがしばしばです。最初から弁護士に任せると、決めておいて下さいと申し上げているのは、このタイミングを逃さないためです。

保険会社によっては、完全にけがが治りきる前に、治療費をストップしてくるところがあります。治療を継続しても、大きな回復が期待できない段階を、“症状固定”と言います。大きな回復期待がかなわないのなら、治療費はそこでストップさせ、残った症状を後遺障害ということで、損害賠償による解決とした方が、早く終結に向かわせることができるという考え方から、1部の保険会社は治療費を止めてくるのです。

弁護士に交通事故解決

交通事故の被害者となってしまったときに初めて、それから先どうすべきかを考えるのは、パニック状態であることからも非常に困難です。あらかじめ対策を考えておくのが、有利に事を進める上で重要です。

まずその解決を、自分だけで行うのか、弁護士に頼るのかです。これについては圧倒的に、後者の弁護士に依頼することをお勧めします。多くの理由がありますが、ここでは分かりやすく代表的なもの、2つを挙げておきます。自分ですべて行おうとすると、証拠を集め、損害額を計算し、加害者・保険会社との示談交渉、さらには訴訟となると、とてつもない時間と労力が求められます。お仕事もあるでしょうから、これらをきっちりとこなせる自信がある人が、どの程度いらっしゃるのか、はなはだ疑問です。弁護士に任せてしまえば、これらの煩わしい作業はすべてやってくれます。2点目は取れる慰謝料の大きさです。慰謝料には自賠責基準と、より高い金額の弁護士基準があり、弁護士ならこの弁護士基準に近づけてくれます。ほかにも弁護士に依頼する利点はありますが、それは後述するとして、とりあえず自分でやろうとはせず、弁護士に頼むと決めておいて下さい。

これまでに交通事故被害者となり、弁護士に頼ることを渋っていたため、のちのち「もっと早期に、弁護士に任せておけばよかった。」と後悔されている人がたくさんいます。以下で示談までの流れを説明しますが、序盤から順序が狂うと、望ましい結果が得られなくなってしまいます。